流れる雲の如く のブログ

日々感じたことや思ったこと伝えたいことを発信します。

ニュージーランドへの旅 二歩目

三年ぶりの海外旅行とはいえ、準備から出発までは、国内旅行と変わらない感覚だった。
飛行機の席は左の列の後ろよりの窓際を取っていて、ちょうど夜明けを迎える頃には、シドニーに着く頃だった。
窓から眺める景色は大陸の乾いた空気感を漂わせていた。

f:id:nagarerukumonogotoku:20170805132909j:image


ニュージーランドへの旅はつづく

ニュージーランドへの旅 始めの一歩

火曜か水曜の朝かは忘れてしまったが、当時嘱託として働かせて頂いていた会社に木曜日から二週間休みますと伝えた。

何の迷いもなく、すぱっと伝えていたことを今でも思い出す。
そんなことは、今まではなかったくらい人目をまったく気にしていない自分になっていたと。

そして、木曜日。
バスで成田空港へ。
カンタス航空シドニー乗換えのクライストチャーチ行きに乗る。
出発時間は、夜の10時頃だったと思う。

ニュージーランドへの旅はつづく

ニュージーランドへの旅 プロローグ

もうずいぶん前のことなので、詳細については曖昧な点があることをご了承ください。
 
それは、2003年3月1日の朝のことだった。その頃はマヤ暦にはまっていて、毎朝確認するのが日課になっていたと思う。
ふと自分のマヤ暦での誕生日の日に同じ響きを持つところに急に行きたくなり理屈なしに強い力で引っ張られるように。
自分はKin17 赤い自己存在の地球です。
 
確認すると自分に関連したものが調べられます。
 
そして逆算して出て来たのは、水曜日に出発しないと間に合わないことに。
 
オフィスガーデンハウスというニュージーランドの旅を手配してくれるところに土曜日のうちにメールしておいて、翌日の日曜日にはHISへ格安の航空券を抑えた後、手配してくれるところに行き、聞いてみるとミルフォードトラックのツアーに1人キャンセルが出たということで、ニュージーランドへの旅は決定した。
 
つづく

思わず目が点に!

先日泊まったゲストハウスでの出来事。

 

朝の散歩から戻ってみると、お尻を丸出しでいるではないですか!

一瞬何が起こっているのかと思っていたら、ミニスカートでTバックの下着で

膝を曲げずに、荷物を整理していたようです。

 

ふと、学生時代の工場のでのバイト先で同じような光景を

目にしたのを思い出した。

 

当時は、普通の下着だったのですがやはり目のやり場に困っていたら

パートのおばさんさたちが気づいて注意していていました。

 

今回の女の子の意識レベルは、中学生レベルなのかと思い、

改めて、日本の女性の意識が高いことが外国人男性が憧れるのも

納得できました。

 

今回のようなことは、すべての外国人の女性に当てはまる訳ではないですが

日本では、おおやけの場ではあまり目にしない光景だったので。

昨日は七夕

昨日は家に帰ってから早々と

寝落ちしてしまい眼が覚めると

12時前になってました。

 

お願いことをする間もなく、

日付けが変わり、風呂に入って

少しだけ動画を見てから、

ちゃんと寝ました。

 

そんな今朝はというより、

寝落ちしたときも何か夢を見ていた感が

あったのですが思い出せずにいます。

 

ただ今朝の夢の方はしっかりと

覚えています。

 

以前、ご縁があった方の家に

行っていました。

 

庭には池があり、亀がいます。

 

その方の家に、自分の荷物を預かって

頂いていて、その荷物の整理を始め

一度車で処分しに。

 

その後、戻ると荷物が減り、

畳が現れていました。

 

その場のイメージが実際のところと

ほぼ同じでした。

 

不要なものの断捨離はしていたものの

もう少しばっさりと進める必要がある

気がしました。

 

そのうちに、以前ニュージーランドへと

出かけたときのことを少しづつ

アップして行きます。

 

久々のブログです。

しばらく、ブログを書いていなかったら、

はてなブログから、何か記事を書きましょうの

メールが届いていた。

 

そんな訳で、今日のことを少しだけ。

 

今日は、申請していたパスポートを受け取りに

出かけてから、相模国一宮の寒川神社へと出かけた。

 

台風のような強い風と雨の中、夏至でなければ

出かけなかったと思う。

 

正しいかどうかは別として、寒川神社の配置が気になっていて

相模国の中心に置かれているらしいのです。

 

春分秋分の日の出、日の入りの位置には

それぞれ、藤沢市の宇都母知神社、伊勢原市の比々多神社

南北には、それぞれ平塚市の前鳥神社、相模原市有鹿神社

置かれているそうです。

 

 

ほとんど、人は来ていないかと思っていたら、

一人、二人くらいは来ていました。

 

初詣から、しばらくは人が多い時期が続くので

人のいない時期に入るのかもしれないです。

 

お参りをしていたら、宮司さんが来られて

祝詞をあげ始めてました。

 

静かな雨の日の神社もいいものです。

 

f:id:nagarerukumonogotoku:20170621223731j:plain

雨の中の寒川神社

自然の音

土曜日と昨日の夜は、波の音が聞きたくなって、海に行ってました。

 

そして、今日の仕事の行き帰りは、

ルートを変えて用水路の脇を通ることに。

 

水のせせらぎを聞きながらでしたが

時間の流れがゆっくりになった気が

しました。

 

自然の音には、何らかの力を

感じずにはいられませんでした。