nagarerukumonogotoku  のブログ

日々感じたことや思ったこと伝えたいことを発信します。

久々のブログです。

しばらく、ブログを書いていなかったら、

はてなブログから、何か記事を書きましょうの

メールが届いていた。

 

そんな訳で、今日のことを少しだけ。

 

今日は、申請していたパスポートを受け取りに

出かけてから、相模国一宮の寒川神社へと出かけた。

 

台風のような強い風と雨の中、夏至でなければ

出かけなかったと思う。

 

正しいかどうかは別として、寒川神社の配置が気になっていて

相模国の中心に置かれているらしいのです。

 

春分秋分の日の出、日の入りの位置には

それぞれ、藤沢市の宇都母知神社、伊勢原市の比々多神社

南北には、それぞれ平塚市の前鳥神社、相模原市有鹿神社

置かれているそうです。

 

 

ほとんど、人は来ていないかと思っていたら、

一人、二人くらいは来ていました。

 

初詣から、しばらくは人が多い時期が続くので

人のいない時期に入るのかもしれないです。

 

お参りをしていたら、宮司さんが来られて

祝詞をあげ始めてました。

 

静かな雨の日の神社もいいものです。

 

f:id:nagarerukumonogotoku:20170621223731j:plain

雨の中の寒川神社

自然の音

土曜日と昨日の夜は、波の音が聞きたくなって、海に行ってました。

 

そして、今日の仕事の行き帰りは、

ルートを変えて用水路の脇を通ることに。

 

水のせせらぎを聞きながらでしたが

時間の流れがゆっくりになった気が

しました。

 

自然の音には、何らかの力を

感じずにはいられませんでした。

 

連休中のこと

5/3から東海自然歩道を縦走しようと高尾山から登り始めた。

一人なので自分がどんなペースで登っているか、後ほど気づくことに。

 

高尾山へのルートは、多くの人が歩く一号路

途中の金比羅台、薬王院を経由して山頂へ。

 

山頂には多くの人で賑わっていた。

遠くには富士山も見える。

 

そこから西の城山に向かって下っていく。

途中の一丁平を抜けて城山へ。

 

城山までは、写真を撮りながら休憩なしで歩いていく。

城山では、30分くらいの休憩後、山を下っていく。

 

道の両脇は杉や檜の林になっていて、

それなりの勾配で下りていく。

 

山道を抜けると千木良へ

売店やトイレがあるところでひと休み。

季節のよもぎ餅を頂いた。

 

休憩後、相模川にかかる弁天橋を渡り嵐山へ

この嵐山へ登る途中で腿の前面の筋肉が痙攣を始める。

 

途中、休み休みでどうにか嵐山へ。

山頂で少し休んで、下り始める。

 

少しづつ、お隣の相模湖プレジャーフォレスト側の音が

大きくなってくる。

 

木の橋で何度か川を渡り、相模湖プレジャーフォレスト

の駐車場を横目にして、国道412号線を渡り、石老山方面へ。

 

途中から林道へ入る。

当初の予定は、石老山までだったが

肉体的にきついので野宿することに。

 

朝になり、寝てどれだけ回復するのかと

思っていたが状況には変わりがない。

 

今回は、石老山を下ったところで

エスケープすることに。

 

夜は、けものや小動物の気配もなかったが

朝は、鳥のさえづり声で目が覚めた。

 

まずは、入り口の顕鏡寺へ向かう。

真言宗系のお寺で、トイレなどがある。

 

ここから、休み休みで石老山山頂を目指す。

途中融合平でひと休み。

 

その後、山頂までは登り。

途中八重桜の花吹雪や山野草が見れた。

 

山頂でひと休み後、篠原方面へと下る。

途中、金比羅神社のあるところで休んでいたら

後から来たハイカーの人が富士山がよく見えますねって

いうので見てみると、いい感じで富士山が見える。

 

その神社を後にして、篠原の集落へ。

この辺りのバスは1日二本で帰る方向とは違うので

頻繁に出ている宮ヶ瀬に向かう。

 

距離はわからないが知った道。

昼頃から歩き始めバス停に辿り着いたのは15時過ぎ。

 

これで少しホッとした。

 

今回わかったことは、

生き物の気配がないところは、何となく不自然で

生き物が多いところが自然で、そういうところが

自分が好きだということがよくわかった。

 

 

 

某自動車メーカーにて

今朝は日本を代表する自動車メーカーに

工場見学だった。とはいえ案内係はいないので自由に周っていた。

小学校からの友人と一緒に出かけていて工場を巡る途中、扉の開いていない部屋に入って行き何かを探しているようだった。

 

一通りの見学の後は、会社の幹部との会食になっていた。

自分の他に女性が3人いて、明日急には辞めないようにとクギをさされた。

 

何となく、場違いな気がしたので、そこで働くのは辞め、月一で出かけいるお宿に自転車で向かった。

 

途中見知らぬ人と知り合いになり、一緒に向かうことに。

 

朝の電車の事故

月曜は朝から、急に電車がストップして

無理をするのはやめて、仕事を休みにした。

 

多くの人に影響があったのは、確かなこと。

 

ちょっと見方を変えると多くの人へのメッセージでもある気がした。

 

決まった時間に起きて会社に行き

時間になったら家に帰るの繰り返し

 

それをしたくてしている人は

いいけれど、そうでない人もいると

思う。

 

そうでない人のアピールがそんな形で

現れている気がした。

 

ただ目の当たりした人は

お気の毒でしかないですが。

夢と現実との関連性

今日は夢でどこかの会社のようなところで働いていた。

すると、誰かが船が来るから、行くぞっていうので

今までしていたことを辞め、海に向かう車に乗った。

 

艀のあるところに行くと、船が着岸するところだった。

普通に見る接岸風景とは違い、ちょっと荒っぽい感じがした。

 

車で着いたところから、艀まではちょっと高さがあった。

でも、何人かがそこに向かって飛び降りていた。

 

自分は、そこに飛び降りることも去ることながら

船に乗ってしまった後のことが、気になって躊躇していた。

そんな感じでいたら、目が覚めた。

 

と、いつもならそこで、終わるところだったが

今日は仕事で移動が急に発表になった。

 

これから先、どんな流れになるのかわからないが

後先のことで躊躇しないで、今にどう踏み出せるかが試されるのかもと思った。

 

そんな流れは、少しづつ始まりつつある気がしている。

先日、クラウドファウンディングは、見返りのことがあるので

個人的に送金させて頂いた。

 

そんなことをしたら、いばや通信の坂爪さんもクラウドファウンディング

を始められていて、ブログではいろいろと気付かさせていただいている。

ありがたいものです。

 

そんな訳でタイミング的に出来ればなんて思っています。

ibaya.hatenablog.com

 

 

 

携帯ストラップを作り終えて

やっとの想い、そんなには重くないですが、ようやく自分の手元から旅立って行きました。

 

今は、少しホッとしながら、どういう反応があるのか、ドキドキワクワクです。

 

依頼された条件には、天然石を7つと浄化が必要でないもので、鮮やかなものでということで。

 

自分も依頼されたときに、不もなく不可もなくで何となく始め、作りながら形がはっきりしてきて、考えるというよりインスピレーション的で。

 

でも、この感じは以前1人暮らししていたときの料理をしていたものに近い感覚でした。

 

とにかくやっている間は、眠気もなく集中してました、なぜか?

 

出来上がりは、携帯ストラップよりも長くなってました。

ただ初めてにしては、まあまあだったと思っています。

 

作品はこんな感じです。

f:id:nagarerukumonogotoku:20170329205131j:imagef:id:nagarerukumonogotoku:20170329205142j:imagef:id:nagarerukumonogotoku:20170329205234j:image