流れる雲の如く のブログ

日々感じたことや思ったこと伝えたいことを発信します。

仕事復帰をしたものの

先週の水曜日過ぎてから、

背骨の両側(特に右側)の

鈍痛が抜けず今日は前回から

2週間を過ぎてから見せてくれ

といわれたので病院へ。

 

でも、行ってみると様子が違い

何で来たのという感じで

治るのには時間がかかると

いうことを強めに言われ、

月曜は患者さんが多くて

ちょっと扱いがこなす感じに

なっていた感じがした。

 

もう少し鈍痛も収まるまで、

背中に負荷がかからないように

過ごそうかと思ってます。

 

そんな訳で、再び仕事もお休みです。

 

 

 

昨日から仕事復帰の予定が…

 背中の痛みが昨日の朝も続いたので

ちょっとレントゲンを撮りに病院へ。

 

病院へ行くのは健康診断以外では、

5年以上ぶりでした。

 

ギックリ背中だけかと思ってましたが

はっきりしたことは、圧迫骨折の軽い

もので、フィルムを見ると上の面が

少し凹んでました。

 

そんな訳で、安静ももう少し必要に

なりました。

 

まあ、一週間過ぎれば

楽になってくると思うので。

土曜日の初トランポリンのこと

ちょっとネタが変わっていますが、

土曜日不定期営業のカフェが海で

あるということで、出かけて来ました。

 

事件は、そこでのこと。

初体験のトランポリンで試しに

数回飛んでひと息ついて、

再び飛び始めて、陸の方から

海の方に向いてから、跳ねた瞬間に

やって来た。

 

背中がグギッと!

腰ではないので、ギックリ背中

なのでしょか?

 

痛む背中のまま、ジッとして

日没前には帰りました。

 

この間、この怪我をしたおかげで

空を飛ぶ夢をみたり、

以前から気になっていた、波動治療を

体験しに行ったり、

今日は漢方の湿布のことを思い出して

買いに行ってました。

 

漢方薬屋さんで言われたのは、

怪我をした直後のアイシングを

していたら早く治ったかも

ということでした。

 

みなさんも、怪我をしたときは

まず感覚がなくなるくらいの

アイシングを出来るだけ早く

してみてくださいね。

 

明日からは、仕事に復帰出来そうです。

 

 

 

ニュージーランドへの旅 四歩目

ちょっと間が空いてしまってますが、

続きになります。

 -----------------------------------------------

予約した飛行機は、直行便ではないのでトランジットのため、空港内を移動して
クライストチャーチ行きの便のゲートへと向かう。

ふと歩きながら、初めてなのに知っている。そうデジャブが起こった。
いつの記憶なのかはわからない。


ゲートの近くで搭乗手続きが始まるまで
待っていると、語学留学で来ているような女の子が不安で顔が固まっているのを目にした。

時間になり、飛行機はニュージーランドクライストチャーチへと向かった。

ニュージーランドへの旅はつづく

ニュージーランドへの旅 三歩目

三年ぶりの海外旅行とはいえ、準備から出発までは、国内旅行と変わらない感覚だった。
飛行機の席は左の列の後ろよりの窓際を取っていて、ちょうど夜明けを迎える頃には、シドニーに着く頃だった。
窓から眺める景色は大陸の乾いた空気感を漂わせていた。

f:id:nagarerukumonogotoku:20170805132909j:image


ニュージーランドへの旅はつづく

ニュージーランドへの旅 始めの一歩

火曜か水曜の朝かは忘れてしまったが、当時嘱託として働かせて頂いていた会社に木曜日から二週間休みますと伝えた。

何の迷いもなく、すぱっと伝えていたことを今でも思い出す。
そんなことは、今まではなかったくらい人目をまったく気にしていない自分になっていたと。

そして、木曜日。
バスで成田空港へ。
カンタス航空シドニー乗換えのクライストチャーチ行きに乗る。
出発時間は、夜の10時頃だったと思う。

ニュージーランドへの旅はつづく

ニュージーランドへの旅 プロローグ

もうずいぶん前のことなので、詳細については曖昧な点があることをご了承ください。
 
それは、2003年3月1日の朝のことだった。その頃はマヤ暦にはまっていて、毎朝確認するのが日課になっていたと思う。
ふと自分のマヤ暦での誕生日の日に同じ響きを持つところに急に行きたくなり理屈なしに強い力で引っ張られるように。
自分はKin17 赤い自己存在の地球です。
 
確認すると自分に関連したものが調べられます。
 
そして逆算して出て来たのは、水曜日に出発しないと間に合わないことに。
 
オフィスガーデンハウスというニュージーランドの旅を手配してくれるところに土曜日のうちにメールしておいて、翌日の日曜日にはHISへ格安の航空券を抑えた後、手配してくれるところに行き、聞いてみるとミルフォードトラックのツアーに1人キャンセルが出たということで、ニュージーランドへの旅は決定した。
 
つづく